Gamba Osaka Never Die.

降格→J2→昇格→三冠→??

宮本監督の続投報道について思うこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
まだニッカンが勝手に書いてるレベルの段階だろうが、
ちょうど宮本監督の去就については個人的にも考えさせられるタイミングだったので、
この機会に簡単に触れておこうと思う。



相変わらずヒドい文章である。
小杉舞記者の後釜も相当なクオリティなのでもはや会社全体の問題。

まあ今回に関してはそこは本質ではないw

今季もリーグ戦は残り5試合というところで、置かれている現状は残留争い真っ只中。
昨年、崖っぷちの状況で監督に就任し、
最初は手こずりながらも起死回生の9連勝で残留を果たし、
名将ともてはやされたカリスマ性はもはや欠片も残っていない。
シーズン中に激しい選手の入れ替えもあったとはいえ、
春のキャンプからみっちり準備してきた結果がこれでは、
「期待外れ」の烙印を押さずにはいられないのが本音である。

僕の周りの数少ないサポ仲間からもいい評判は聞こえてこない。
そもそもの戦術構築の部分から選手のキャスティング、試合中の采配など、
どちらかといえば不満の声が次第に大きくなりつつあることを実感している。
そういえば誰も服装の話とかもしなくなったな。
昨年の今ごろはツネコレだの「今日はタートルネックで来たか!」だの大盛りあがりだったのに。

それだけ求心力が低下していることを肌で感じる。少なくもチームの外部からは。
続きを読む

もはやサッカーどころではない暑さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
先週の神戸戦は痛恨の引き分け。
せっかく2点リードしたのに、
ラスト20分くらいからバタバタし始めて、
これ危ないなーなんて思いながら見ていたら案の定である。

どうも最近は「理想的な試合運び」がアダになることが多い。
早い時間帯で先制すると、
せっかくいい流れで来ているんだから絶対に勝たないとみたいな雰囲気が立ち込めて、
追い上げられてくるとすっげえバタバタしてしまう。
こないだのFC東京戦もそんな感じだった。

むしろ終盤まで同点のまま進んだ方が、
邪念を捨てて戦える分いい結果に結びついている気がする。

かといって「あまり早く先制するの禁止」みたいな謎の縛りルールを設けるのも違う。
もっとどっしり戦ってくれればいいんだけどなあ。
続きを読む

新しく生まれ変わり中のガンバ大阪について

このエントリーをはてなブックマークに追加
新しく生まれ変わり中のガンバ大阪について。

そもそも何がどうなっているのか全く。
昨年の夏から神がかり的な修正力でチームを立て直した宮本監督が、
キャンプからきっちりチームづくりに取り組んでくれれば、
きっと楽しいシーズンになるぞとワクワクしていたらとんでもないことになった。

開幕当初は形こそどうあれゴールを量産し、
川崎にもアウェイで勝つなどそれなりの発進を見せたが、
神戸戦で最悪な形の逆転負けを喫して以降はもう振り返りたくない試合ばかり。
2年連続で残留争い参戦が確定すると、
監督からもチームに蔓延する甘さや驕りみたいなものを指摘するコメントが増えた。

そりゃブログの更新も止まるってもんですよ(正当化)。

そしてあの鳥栖戦である。
それまでの10試合でわずか1得点で最下位に沈む相手に3点を失い、
かつ随所に不要なラフプレイが続出するなどの、
見るに堪えないワーストオブワーストゲーム。

大幅なメンバーチェンジとシステム変更を決意させるには十分な内容だった。
続きを読む
自己紹介
ガンバ大阪を応援するアラサーです。普段はtwitterに生息していることが多いです。
旧ブログ
月別アーカイブ
記事検索