東口のPKストップ感動したわ(時差)

FC東京戦は徐々に変則3バックが完成しつつあるなという内容で完勝。
さあこれでACLでも勝てればいよいよというところでまた。

>2017年3月15日■ACLグループリーグ第3戦
ガンバ大阪0-1えそそね

えそそね手堅いわ。中国のチームらしからぬ感じ。
それだけに先制点は与えてはいけなかったが、
時間帯といい形といい最悪の失点であつた。
CKが手詰まりになって下げさせられたところから生まれた綻び。
あれは堪えた。
確かにシュートもすごかったけど、そこに至るまでの過程が悔やまれてならない。


後半はそれなりに反撃を見せたものの及ばず。
アデミウソンがACLになると収まらずポロポロしてしまうのはなぜ。
済州戦と違ってそこまで間延びしていたわけでもないのに。
単なるJ専なのか、それともボールが合わないとかあるのか。

右サイドの初瀬と三浦で作って、
ブラインドから今野がバーンと出て来るのは迫力があった。
それだけに後半途中から対策されたのか、
起点が左サイドばかりになってしまったのが残念。
その左サイドでは藤春と泉澤が付き合いたてのカップルみたいにぎこちなかった。

とはいうものの、試合後の感触としてはそんなに悪くなかったというか。
これもうちょっと煮詰めていけば、
いいチームになるんじゃないという手応え的なものを感じた。気がする。
ACLはホームで2つ落としちゃったのでちょっとキツいけど、
その先まで見ればまあまあ楽しみ。



それにしてもACLを戦っていて思うのは、
我が軍のホームアドバンテージ少なすぎってこと。
ピッチもキレイだし、スタもいわゆる「異様な雰囲気」にはならない。
移動中にバスを取り囲まれることもなければ、
きっとホテルも快適で夜はスヤスヤなんでしょう。

日本がいい国すぎてつらい。

何かいいアウェイの洗礼は浴びさせられないものか。
ホテルの朝食で出てきた納豆を残さず食べないとごちそうさまできないようにするとか。